UI-VIEW32 による統計のとりかた


toukei.jpg


UI-VIEW32でいろいろな統計が採れるので、手法を紹介します。

UI-VIEW32の搭載機能で、「Destinationを指定してStation List(受信局リスト)に表示させる/させない」の選択が出来ます。
「Exclude/Include」機能です。

「Destination」に限らず、プリフィックスやコールサイン、シンボル、ビーコン種別など、様々な指定が可能です。
APRS-ISの「Filter」機能に似ていますが、この「Exclude/Include」機能はUI-VIEW32が受信した情報の「表示する/し ない」を選択するものです。

@設定場所は "Setup" -> "Exclude/Include Lists" -> "Exclude Destinations" です。
 ここのリストは「Exclude=除外」指定なので、単にプリフィックス等を指定するとその指定内容がStation List表示から除外されますが、指定の頭に「!」を付けると「Include=含む」という機能になります。

Aここに「!APAGW」と指定し、"Option" -> "Exclusion Enabled"をチェックすると、AGWTrackerを使用している局だけが受信局リストに表示されます。

B1時間経過した時点で受信局リストにはその間受信したAGWTracker局がリストされています。
 次に受信局リスト(Station List)にある"Snap"をクリックると、UI-VIEW32の下位フォルダーにあるSnapshotフォルダーに受信局リストの内容が  AGWTracker関連BBSのNo.101に貼り付けたように保存されます。
 この間の全受信局は、"Exclusion Enabled"のチェックを外すと表示されます。(10000局近いので、表示にも保存にも時間が かかります)
 
 尚、APRS-ISからはFull feed(ポート:10152に接続する)でデータを受信します。

  以上は全てUI-VIEW32の標準機能で、様々な統計を採るのに重宝しています。


<TOP>

<不許 複製転載>
by JF1AJE  Aug.2006